仮想通貨、暗号通貨の節税に強い

ビッコイン他仮想通貨、暗号通貨の節税に強い大見税理士事務所

年中無休 9:00~21:00 03-6425-9166
時間外の場合は留守番電話か
メールをいただければ幸いです。

更新情報

  • 2018.01.26

    仮想通貨では予定納税はいらない

    雑所得では予定納税は発生しません。予定納税とは簡単に説明すると源泉徴収の事業主版です、要は所得税の前払いですね。「仮想通貨の確定申告をすると翌年に予定納税という所得税の前払いがでるから注意してください」などの注意喚起がネット上でありますが明確に誤りです。今回は予定納税について解説をします。

  • 2018.01.14

    税理士による仮想通貨の確定申告セミナーご来場御礼!

    先日はお忙しい中、「税理士による仮想通貨の確定申告セミナー」にご来場いただきまして誠にありがとうございました。

  • 2017.12.27

    ビットコインなどの仮想通貨を事業所得とするためには

    以前までの記事でサラリーマンの方はビットコインなどの仮想通貨の所得を基本的に雑所得として申告しなければいけないと解説を致しました。そして、雑所得は事業所得と比べると不利な制度ということも解説しておりました。今回は事業所得と雑所得の違いと何が不利なのかを解説していきます。

  • 2017.12.23

    ビットコインが盗難・紛失したケース

    ビットコインをなくしたり盗難された場合は証明することがとても困難です。マウントゴックスの事件のようにニュースにとりあげられれば証明をするのはさほど大変ではないですがそれ以外の場合は非常に困難です。今回は盗難や紛失があった場合の取扱ややっておくべきことを解説していきます。また、相続税や贈与税の取扱も解説していきます。

  • 2017.12.20

    ビットコインの損益の相殺と損益通算

    今回はビットコインの売却益と売却損の解説をしていきます。ビットコインの税金計算のキモになっていますので確認しましょう。平成30年1月13日(土)10:00からビットコインの確定申告セミナーを東京の飯田橋で行いますので是非ご参加ください。お問い合わせページより申し込みをお願いします。

  • 2017.12.20

    税理士による仮想通貨の確定申告セミナー

    平成30年1月13日(土)税理士によるビットコインなどの仮想通貨の確定申告セミナーをおこないます。

  • 2017.12.18

    ビットコイン等の取引が複数回ある場合の原価

    通常ビットコイン等の取引は複数回あります。今回はビットコイン等の取引が複数回あったときの取得原価の求め方を解説していきます。

  • 2017.12.17

    平成28年分の相続税の統計

    平成29年12月15日に国税庁から平成28年分の相続税の申告状況が発表されました。平成27年から相続税が改正されて相続税を考えなければいけない人が増えたとニュースがでていますが数字から検証してみましょう。

  • 2017.12.16

    ビットコイン等税務の基礎

    ビットコイン等の確定申告は必須と前回の記事で説明を致しました。今回は少し具体的にどのように計算しなければいけないかを解説します。

  • 2017.12.15

    ビットコイン等は確定申告が必要

    ビットコインの儲けは確定申告が必要です。確定申告をしないと儲けの大部分がペナルティとして納税しなければいけません。以前も行っていた方は期限後の確定申告が必要です。もししないでいると過去5年間分のペナルティの納税が必要となります。自分を守るために情報収集しましょう。


仮想通貨・暗号通貨の節税に強い大田区にある

大見光男税理士事務所
  • 〒145-0062 東京都大田区北千束3-29-8
  • 03-6425-9166
  • 03-6425-9167
  • info@omi-zeirishijimusho.com(24時間受付)
  • 年中無休 8:00~22:00

税理士をお探しの方や今の顧問料にお悩みの方はお気軽にお声がけください。