仮想通貨、暗号通貨の節税に強い

ビッコイン他仮想通貨、暗号通貨の節税に強い大見税理士事務所

03-6425-9166

借金が多ければ相続放棄

2020年1月6日

大田区の税理士事務所借金ばかりなら「相続しない」こともできる

借金など相続財産にマイナスの財産が多い場合、
単純承認※1限定承認※2相続放棄※3を選ぶことができます。

  • ※1 単純承認→プラスの財産もマイナスの財産もすべて引き継ぐこと。通常の相続。
  • ※2 限定承認→プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐこと。
  • ※3 相続放棄→プラスの財産、マイナスの財産すべてを相続しないこと。

相続放棄や限定承認を選ぶには、被相続人が亡くなった日(もしくは相続開始を知った日)から3か月以内に、
家庭裁判所へ申し立てることが必要です。

◆3か月以内に決める3つの選択肢

単純承継・・無条件で相続財産を相続する

  • 相続放棄、限定承認の手続きをしなければ、自動的に単純承認となる
  • 一部でも相続財産を処分した場合は、単純承認となる
  • 通常の相続手続きを行う

限定承認・・相続財産を条件つきで相続する

  • 相続財産の範囲で債務を負担する
  • 財産目録の作成、債務の清算など
  • 相続人全員が共同で手続きを行う

例えば・・
借金と財産のどちらが多いかはっきりしない

  • マイナスの財産
  • プラスの財産

相続開始を知った日から、3か月以内に家庭裁判所へ申し立てをする

家庭裁判所


相続放棄・・すべての相続財産を相続しない

  • 債務を負担せずにすむが、財産も一切相続できない
  • 相続の手続きは不要
  • 各相続人が単独で手続きできる

例えば・・
財産より借金のほうが多い

  • マイナスの財産
  • プラスの
    財産

相続開始を知った日から、3か月以内に家庭裁判所へ申し立てをする

家庭裁判所


家庭裁判所 Point
主に家庭に関する紛争を扱う家庭裁判所は、全国都道府県50か所の所在地などに設けられています。相続放棄や限定承認の手続きのほか、後見人や特別代理人の選出、遺言書の検認には、家庭裁判所の手続きが欠かせません。遺産分割協議がまとまらない場合も、家庭裁判所で調停や審判を受けることになります。

仮想通貨・暗号通貨の節税に強い大田区にある

大見光男税理士事務所
  • 〒145-0062 東京都大田区北千束3-29-8
  • 03-6425-9166
  • 03-6425-9167
  • info@omi-zeirishijimusho.com(24時間受付)
  • 年中無休 8:00~22:00

税理士をお探しの方や今の顧問料にお悩みの方はお気軽にお声がけください。